引越し前日の過ごし方
引越し前日の過ごし方

48歳 女性の話「引っ越しの前日は」

引っ越しの前日は、本当なら全ての事をし終えて、優雅にこの長年住み慣れた家ともお別れかとお茶を飲んだりしたいところなのでしょうが、私にはそんな優雅な経験は一度もありません。髪振り乱して、引っ越しの荷物作りの追い込みをしています。予定は未定というのは、幼い頃から言い続けた言い訳です。
ちゃんと準備する時間を考えて立てた予定なのに、できた試しがありません。だから、いつでもわさわさしてしまいます。
最近は引っ越しの業者さんにも女性が増えて気持ちも楽になりましたが、どうしてもやはり見られたくないものもあるので、荷造りは極力自分で行うようにしています。気がついてみると夜が白々と明ける頃、まだ終わっていないので焦りまくります。前日はほとんど私だけが徹夜です。
だからでしょうか。新しい新居に行って、初めての寝室でもぐっすり眠れます。だから、寝室になれるのも早くて、寝付けないと言うことを経験したことがありません。
こうして引っ越し前日はおろか当日まで忙しくしている事は、新しい住まいになれる一つの方法なのではないでしょうか。

関連サイト